十朋亭維新館は、明治維新への扉を開いた
山口の歴史にふれるミュージアムです

開催中の企画展山口に生き続ける殿様 敬親公令和3年5月26日(水)~8月30日(月)

お知らせ

画像:6/20(日)ギャラリートークのお知らせ  [1回目]10:00~ [2回目]13:30~ 

6/20(日)ギャラリートークのお知らせ  [1回目]10:00~ [2回目]13:30~ 

画像:~新型コロナウイルス感染拡大防止集中対策について~ 【R3.6.21更新】

~新型コロナウイルス感染拡大防止集中対策について~ 【R3.6.21更新】

画像:ほたる祭り中止に伴う5月29日(土)の開館時間の変更について

ほたる祭り中止に伴う5月29日(土)の開館時間の変更について

お知らせ一覧を見る

十朋亭とは

十朋亭は、代々醤油の商いを家業とする萬代家の離れとして建てられたものです。

幕末期、長州藩主毛利敬親が、萩から山口へ藩庁を移した際、この十朋亭が藩の役人たちの宿泊所となり、当主・萬代利兵衛が志士達の活動を支援していたことから、多くの来客があったと伝えられています。桂小五郎、高杉晋作、久坂玄瑞、周布政之助など、維新の志士の名が連なります。

また、長州ファイブの一員の井上馨、伊藤博文が、この十朋亭を訪れた記録も見られます。

おすすめコンテンツ

画像:専用アプリの画面

専用アプリを使って
幕末の世にタイムトリップ

ARアプリ『十朋亭維新館』

ARアプリの詳細を見る

画像:楽しみながら学ぶ

最新のデジタル技術で
明治維新の歴史を楽しみながら学ぶ

展示案内(本館)

展示案内(本館)の詳細を見る